進む地球環境破壊
――人類は「暴走」を止められるか?》 
                      (1999年3〜4月執筆)


実現した南ア「民主化」の歴史的意義
アパルトヘイト体制崩壊の背景と成長する労働者階級》
                        (1994年5月執筆)


歴史を偽造・捏造する「つくる会」
《歴史修正主義の汚い手口(従軍慰安婦問題を中心に)
                        (2001年10月執筆)


マルクス主義の市民主義的改変 「豊かさの分(ぶ)」を知れと説教
《的場昭弘著『マルクスだったらこう考える』を読む》
                        (2005年1月執筆)

不破哲三『マルクス未来社会論』批判
《不破氏のマルクス批判には不純な動機が隠されている》
                        (2005年3月執筆)

皮相卑俗なマルクス解釈 共産主義の淵源は旧約聖書?!
《的場昭弘著『ネオ共産主義』を読む》
                        (2006年7月執筆)

ベーシック・インカム論批判
《小沢修司氏のベーシック・インカム論は“空想的資本主義”》
                        (2010年1月執筆)

トップページへ戻ります

科学的な世界観に立脚した評論・論文を紹介します。
執筆者は労働者活動家、在野の研究者です。